原因について | ヒドロクロロチアジド・ジェネリックでむくみ解消!
グラスに入った水

原因について

高血圧によって引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞も怖いのですが、動脈硬化というのは腎臓にも悪影響を与えます。動脈硬化により腎臓の血管が細くなると体内の不純物をろ過する腎臓の働きが悪くなってしまいますが、腎臓にしっかりと血液が行きわたらないことで、腎臓は血圧が下がっていると勘違いしてレニンという成分を出します。レニンとは、血圧を上げる物質です。腎臓に負担がかかると尿がうまく作られないので、身体にむくみが生まれます。そうしてさらに高血圧は高くなってしまうのです。

そもそも高血圧ってなぜなってしまうのでしょうか?それは主にストレスや生活習慣の乱れが主な理由だとされています。睡眠不足だったり栄養の偏り、運動不足やタバコにアルコールの過剰摂取が原因で血圧は高くなってしまうのです。
まず血圧というのは、血管の内側を血が押す圧力のことをいいます。圧力が掛かるのが少しくらいなら問題はありませんが、強い圧力が長期間にわたりかかり続けていくと、圧力に抵抗する形で内壁が分厚くなってきます。そうすると当然血管内は狭くなるので、余計に圧がかかるということになります。
コレストロールなどが入り込むことで、血管内はさらに詰まってしまいどんどん疲弊していきます。結果血管が硬くなってしまうことで起こってしまうのが動脈硬化です。動脈硬化で血の流れが悪くなると、血が固まってしまうようになります。これが心臓で起こると心筋梗塞、脳で起こると脳梗塞となります。

そんな状態を改善出来るのがヒドロクロロチアジド・ジェネリックなのです。