尿の大切さ | ヒドロクロロチアジド・ジェネリックでむくみ解消!
山積みの錠剤

尿の大切さ

腎臓に障害が生じると尿を作りにくくなるので、身体の水分が増えすぎてしまい血圧が上がります。ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを使うことで改善していきましょう。

腎臓では、身体の不純物などの毒をろ過してくれる役目があります。尿としてそんな不純物を出すのですが、なんでもかんでも尿として出しているわけではありません。たしかに腎臓には不純物の入った血液が送られてくるものの、その中からさらに必要なものと、やはり必要ではないものに細かく分けていくのです。

糸球体という場所で血液はろ過されます。ふるいにかけるように必要なものを残し、いらないものを別の場所…尿細管というところにわけるのですが、この際大きめの白血球や赤血球というものはろ過されずに残ります。それ以外はいらないものが原尿というものになりますが、糸球体でろ過されたものの中でもそこからさらに仕分けられます。糖分や電解質など必要なものがあるのです。
やがて先述した尿細管と呼ばれるところで最終的な仕分けがされます。尿細管は大きく5つに分けられており、近位尿細管でブドウ糖、アミノ酸、電解質、水分が分けられ、遠位尿細管でもまた電解質と水分といったものに分けられるなど、もとは150Lもある原尿は、ここでわずか1%となる1.5Lになって排尿されるのです。これにより体内から水分が無くなるので、高血圧を下げることが出来るようになるのです。

むくみをスムーズにおさえるためには、こういった排尿を医薬品で助ける必要があります。ヒドロクロロチアジド・ジェネリックをうまく利用していきましょう。